tokiohayley's blog

We are all free. Where shall we go next?

2017.12.10 海外移住計画、ついに始動!

 実はここ1ヶ月くらい日商簿記二級の勉強をしていました。仕事とは全く関係ないけどずっとやりたかったので、朝早く会社近くのカフェに行って黙々と仕訳をしていたのですが。

 

 夏くらいから彼の海外移住熱が高まっていて、そろそろちゃんと考えようかという話になり、とりあえず国を決めるところから始めました。複数の移住コンサルたちにコンタクトを取ってカナダの移住コンサルの方とSkypeをしたところ、私と彼のスペック(二十代、専門職、B.A.、英語を使って仕事をしている等…)なら英語のスコア次第で、日本に居ながらにして永住権申請ができることが判明。

 

カナダの永住取得はポイント制で、若いとたくさんポイントが稼げるのですが30歳になってからは毎年ポイントが大幅に落ちていきます。彼はまだ25歳ですが、私は28歳なのであと一年ほどで規定のスコアに到達しなくてはなりません。私たちは来年結婚する予定なので、二人のうち一人が条件をクリアすれば申請出来ます。海外留学経験がある私の方が彼よりも早くスコアが取れそうなので、私の名前で申請しましょうとコンサルタントから提案され責任の重大さに気づき簿記の勉強を中断…。明日から英語漬けです。

 

移住先としてアジアやドイツも考えていたのですが、いろいろなことを考慮して、やはりカナダで決まりになりそうです。一生カナダに住むかどうかはまだわかりませんが、永住権を取得すると学費は安くなるし、歯科を除いた病院への受診は無料で、仕事についても期間限定のビザよりも採用してもらいやすいのです。

 

最初はお金を貯めて3年後くらいに移住しようかという話をしていたのですが、まさかこんなにバタバタと急に話が進むと思わずびっくり。のんびり趣味の勉強に時間を費やしているしている場合じゃなかった…。お金と時間が有限であることを考えればやはり今は断念するしかなさそうです。゚(゚´ω`゚)゚。

 

これからも英語の試験の話や、カナダに決めた理由など、ちょっとずつ更新していきます。おやすみなさい☆

2017.11.05 「怖い絵展」に行くのを諦めた

 この三連休は久しぶりにゆっくりできたような気がします。家の中のことも一通り片付いたし、毎日夜早く寝て、朝も早く起きて有意義なお休みとなりました。

 

 f:id:tokiohayley:20171105220839j:image

 「レディ・ジェーングレイの処刑」

 

www.kowaie.com

 

 中野京子さん著作の「怖い絵」シリーズをテーマにした絵画展が上野で開催されているのでこの休みに行こうと思い、上野で開催されてからTwitterで混雑具合を見ていたのですが大変な盛況ぶりらしく開館前から入場に1時間〜3時間はかかっているようです。平日に足を運んだ人でさえ、1時間待ちと聞きました。

 

 

  開催期間は12/17(日)までのようですが、この調子ではとてもではないけど行けそうにないので今回の展示会のテーマとなった図書を購入。怖い部分も確かにありますが、怖さよりも絵画そのものの楽しみ方を教えてくれる初心者向けのガイド本といった内容でした。作品が描かれた歴史的な背景や、作者の生涯と照らしてみると最初に何も知らずに観たときとは全く違う印象を受けます。

 

f:id:tokiohayley:20171105124640j:image 

 

 中野京子さんの文体が独特で慣れるまでやや抵抗がありましたが、絵画をかなり詳しく、かつわかりやすく観察していて引き込まれました。怖い絵展に行くなら尚更、先に本を読んでから行った方が楽しめるような気がしました。というのも、この混雑状態ではゆっくり作品を味わう時間はあまりないでしょうし、解説で不明な点があった場合にその場でゆっくり調べているもかなり時間がかかって大変でしょうから要点を掴んで実物を鑑賞する方が効率的で疲れなくて済むと思いました。

 

本書関連ツイート以下▼

 

 

 

https://twitter.com/tokiohayley/status/926437860273668097https://twitter.com/tokiohayley/status/926437860273668097

 https://twhttps://twitter.com/tokiohayley/status/926437860273668097itterzz.com/tokiohayley/status/926437860273668097  それにしても面白い本でしたので、別のシリーズも読んでみたいですね。上記のような雑学だけでなく歴史の勉強にもってこいなので、教養が身につきそう。芸術に興味はあるけど、どこに注目していいかわからないという方におすすめの一冊です。