tokiohayley's blog

We are all free. Where shall we go next? あなたを自由にするブログ

2018.04.13 結婚10ヶ月目、転職6ヶ月目

 2月に近況を更新して以来、また2か月も間が空いてしまった。そしてもう4月だ…今年も1/3が終わった。勉強についてですが急遽上海に遊びに行くことになりTOEICをスキップし、疲労を言い訳にしてHSK1級の試験も受けていない。相変わらずダメなやつだ…口ばっかりだ…あああ~…(´;ω;`) 事後報告形式で記録していこう。そうしよう。

 

 気が付いたら結婚してから10か月も経過しましたが、私たちは仲良しです。(さすがに新婚だしね。)ただ、2月中旬から彼は海外出張に行ってしまい、日本と中国を行き来してなんだかんだでもう2か月経過しました。これは結構寂しい。どのくらい寂しいかというと単行本1冊出来上がるくらいツイートが捗る。寂しいけど遊びに行く余裕がない。夜間作業が立て続けに入って在宅勤務でパソコンの前にべったり張り付く。おかげで家でできることが充実してくる。キャッシュレス化を推進しようとしてポイント還元率の高いクレカを作ったり、誤ってLINEペイではなくLINEプリペイドカードをチャージして別物であることを知ったり、Uber EatsやLINEデリマで食べ物を頼みまくったりして太りました。それから、挙式の事務的な準備が捗りました。あとは痩せるだけ。時差出勤・在宅勤務は自由にできるもののこの変則的な生活を健康的に乗り切る工夫が求められています…。寝不足だと甘いものが食べたくなって本当によくないですね~…家でもずっと気が張っているようですぐに眠りにつけないし、いまも風邪を引いております。

 

 そして転職してから試用期間も終わってあっという間に6ヶ月目に突入。社会人生活で初めて愛社精神が芽生えたし、とにかく自由で気に入っています。10時くらいにのこのこ出社して、17時くらいに帰る日もあります。昨日はもうやることがなかったし、体調もしんどかったので16時半くらいには帰りました。でもね、自分から学びにいかないとだれも教えてくれないし、どこまで何をやるかも全部自分次第なので戸惑うことも多いです。そしてときどき自由すぎて不安になる。最低限期待されているパフォーマンスがどの程度なのかわからない。だいぶ慣れてきましたが入社してから3kg太りました。いまのところ仕事の難易度は高くないけど夜仕事することが多くて毎日眠いです。上司や先輩からはまずまずの評価をもらっているのでなんとかやっていけるかな。でも第一四半期が終わったということで、今度はお客様からも直接評価してもらうんだよなぁ。どうなることやら。

 

 実務とは別にスキルアップについては、チームの予算がなくなってしまう前に資格試験のトレーニングと試験を申し込みました。中国語やろ~とか言ってられなくなってきた…それより英語がやばい。いまのところ支障はないけど今後のことを考えるとやばい。そういえば今日、同じチームの韓国オフィスにいる産休明けの女性(40代?)が香港オフィスに移籍すると発表していました。子供に韓国語、中国語、英語を教育したいからということらしい。私もジュニアのポジションを卒業して早々にシニアになりたいと思った…英語力も低し、社内のこともあまり知らないし、いまの状態ではアジアのコア拠点である香港やシンガポールの移籍も難しそう。

 

 今夜ようやく夫が帰ってくるということなので、やっとほっとできそう。人の目があるから食べすぎも防げそう(笑)連休まではバタバタしそうです。早く休みたい…。

2019.04.12 NewsPicksで前向きになれた話

 テレビを長時間観なくなって久しい。テレビは好きな番組だけ予約して好きな時に鑑賞し、近頃は動画コンテンツといえばTVよりも専らAbemaTV, Youtube, Netflixを観ている。その中でもNewsPicksの動画コンテンツは特に面白く、NewsPicksアプリではバッググラウンド再生もできるのでラジオのように楽しむことができる。月1,400円払えば動画も有料記事もみれるし、コメントも書き込める。ユーザー同士の交流もあるみたい。

 

関連記事▼
tokiohayley.hatenablog.com

 

 これはニュース記事のページ▼

f:id:tokiohayley:20190412182737j:plain

 

これが動画コンテンツのページ▼

f:id:tokiohayley:20190412182734j:plain

 毎週様々な分野の専門家を呼んであるテーマについて議論する形式のコンテンツが複数ある。そのうち一つの「The UPDATE」という番組の先週のテーマは『NPは令和時代に天下を獲れるか』。この放送の中で一つの疑問を解き明かすヒントがありました。どうして日本の社会課題はなかなか解決されないのか。一つ目は社会課題は構造の問題であり、構造の問題はビジネスになるのに軽視されているということ。二つ目は日本には事実上官製のシンクタンクしかないということ。 

 

 まず一つ目の社会課題が軽視されている件について、ツイートしたのでここに貼る。ずっと感じていたモヤモヤの正体がわかってちょっと楽になった。要するに意思決定権のある人間が社会課題に注意を払わなかった結果、例えば働き方でいえば、トップダウンで国が規制をかけるまでモーレツな働き方を前提とした社会構造が維持され、国が衰退しているという可能性を指摘したい。引きこもり、待機児童、過労死、セクハラ、パワハラ(行き過ぎた職場でのいじめ)がニュースになっても何も変わらないのは経営者や管理職は社会ニュースを些細な出来事として流しているのかもしれない。

 

 

 

 

 二つ目の「日本には事実上官製のシンクタンクしかない」に関して、動画の中では「NewsPicksが民間のシンクタンクになれたら面白そうだよね」という提案あってとてもワクワクした。本当に実現したら、大学院に進学し、政策提言をきちんと学んでそこに就職したいくらいだ。学生時代、労働分科会で労働市場の抱える問題についての論文を共同執筆した際、労働政策研究・研修機構(JILPT)に話を聞きに行ったことがある。「この国の大抵の問題は必ず既得権益、利権の絡む規制の壁にぶつかる」という話をされて終わってしまい、そのあと提言を考えるのに頭を抱えてしまったものだった。「規制緩和すれば問題解決です」というのは民間組織がどうにかできる問題ではないし、いままでにない提言を書かなければいけなかったのでそれを言われてしまうとどうにも困った。そして社会に出てからも解決しようがない構造的な問題にぶつかり、そのたびに諦めなくてはいけないのかと絶望した。でもこの動画はいくらでもやりようがあるのだということを教えてくれた気がして、とても明るい気持ちになったのだ。国のためでも企業のためでもなく、私たち一人ひとりの市民のための社会を構築していく糸口がNewsPicksには散りばめられているような気がした。

 

 NewsPicksのカルチャーとして「私たちは何をすべきか?」と、とにかく行動すべき!というものがあるんだけど、その影響を受けて個人レベルで何ができるのかなというのは最近よく考える。海外移住ももちろん一つの選択肢なのだけど、日本にいる間もっとなにかできるのではないかと思い、オンラインサロンを開こうと準備を進めたり、こうしてブログやツイートで発信している。誰かの悩みに耳を傾けることも一つの社会貢献だと思えるし、政策というと大きな話になってしまうけれど、自分の生活や、周囲の人たちと幸せに暮らすにはどうしたらいいのかということなら考えられる。あと、私たちがいますぐできることの一つとして、みんなで気軽に政治や社会の話をすればもっと社会はもっとよくなっていくんじゃないかと思うなぁ。