Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

tokiohayley's blog

居場所不定、東京インティライミ

社会人生活のこれまで⑪ ー人生の岐路ー

社会人生活のこれまで 人生の岐路

絶賛ドカ食い中です。

 

職場で昇格の推薦されていて承諾すればほぼ出来レースではありますが昇格試験を受けようとしているタイミングと、糖質制限ダイエットが重なって完全にバランスを崩しています。ここ一週間で1kg落ちてしまうほど質量を制限したせいか、5日間便秘が続き体重減どころか若干増えてしまい、何より体調が優れない。下剤も効きませんでした。

 

普通のサラリーマンなら喜んで受けますよね、そんな推薦なんて有難いこと。でも責任が増えたり忙しくなる代わりに給料は大して増えないし、長期的に見たら可能性は広がっていくけどこの会社にずっといるつもりもないし、正しく生きなさいとプレッシャーをかけられているようで急に耐えられなくなってしまって。本当に愚かなんですけど。

 

「社会人生活のこれまで」シリーズの最初のほうの記事にも書きましたが私はもともと、就職する気がありませんでした。当時は留学から帰ってきてただただアメリカに戻りたいという強い気持ちを抑えて、しぶしぶ就職したのです。

社会人生活のこれまで②-新卒就活編- - tokiohayley's blog

 

時は流れて2017年4月で早6年目。今年で28歳。やっと仕事も落ち着いてきたのにやっぱりなんとなく枠に囚われた生き方をしたくない、けど、枠からはみ出しすぎるのも怖い。ただ、私のことだから何でも一度は挑戦してみたいんですよね。自分で経験して、「もういいや」とならないと納得して前に進めない。最初はアメリカに行きたかったけれど、今度は違う国に行ってもいいかなと思っているので、友人が住まいを提供してくれるというただそれだけの理由でドイツに行こうかと思っています。(気分)

 

一社目でメンタルが詰んで働くことが怖くなり、回復するまでかなり時間がかかりましたがようやく正常な精神を取り戻してきた今日この頃。ようやくやりたいことに向かって、動けるようになりました。今の会社に来てゆるゆると2年も過ごせたので、そろそろやりたいことに本腰入れて取り組もう。

社会人生活のこれまで④-証券リテール編- - tokiohayley's blog

社会人生活のこれまで⑩ーブラックスパイラルと点と線- - tokiohayley's blog

 

いま歯科矯正治療中で、最低でもあと1年以上はかかるためお金を貯めることも考えて、会社と給与交渉して希望に到達しなかったらいまのまま留まって貯金しつつ転職活動を始める(年収が上がる方法を探る)か、到達するならとりあえず試験を受けることにします。結婚は二の次。実は私の影響で彼も海外転職を目指していて、猛烈に勉強しています。今年のGWは2週間ほど語学留学をするみたいですし、彼も結婚どころじゃない。

 

二人で話したのはやっぱり結婚するならお互いがいいよねってことと、お互い納得するまで自分のやりたいようにやってみて、やりきったね、じゃあ落ち着きましょうかとなってから結婚になりそうだね、と、そういう話になりました。私は結婚したから結婚してくれそうな人を見つけるのではなく、彼と一緒にいたいからいつか結婚したいし、彼と別れるくらいならいますぐ結婚できなくてもいいなと思います。この状態で結婚してもなんとなくうまくいかなそうですし。

 

近頃TwitterのTLでは「結婚適齢期の女性と付き合っているのに結婚する気がない男性とはすぐにお別れしたほうがいい」などのツイートがよく回ってくるのですが、なんというかまあ、そういう生き方って大変だなと思いながら見ています。子供がほしいなら急ぐ必要があるかもしれませんが、子供がいらないならどうして焦るのか不思議でたまりませんし、この考え方ってわりと一般的なのかもしれないなとも思います。みんながみんな同じ方向に向いて焦っている感じ、就活みたいですよね。これが祖国の苦手なところだったりします。日本ではよくわからない理由で年齢がすごく重要な基準になるという点と、年齢を基準として人と同じように生きることが正解とされ、社会に肯定される生き方がかなり限定的であるという点。

 

明日からまたバタバタしそうですけど、いったん方向が決まったのでこれで前に進めそうです。ダイエット記事はまた時間ができたときに書こうと思います。それでは。