tokiohayley's blog

We are all free.Then, where shall we go next?

2015年という年

 

あと5日もすれば今年も終わりですね。

あっという間に1年経ってしまいました。

 

苦しいときはなかなか時間が過ぎないので、

速く感じたということは良いことですね。

今年の漢字を決めるとするならば「展」です。

新しい展開の連続でしたし、来年の更なる発展を願ってこの字に決めました。

皆さんもご自分だけの漢字を見つけてみてはいかがでしょうか。

なかなか楽しいものです。

 

今年は一気にいろんなことが変わった年でした。

1月に食中毒にかかり、すぐに治療して治ったのですが、

どうやら胃腸が弱る年だったようで食欲がなくなりました。

歯の矯正を始めたのも重なって、一年をかけてゆっくり5kg落ちました。

 

仕事も変わりました。

陽のエネルギーが集まるチームに配属されたようです。

ようやく精神的に落ち着いて仕事ができています。

規則正しい生活もできるようになりました。

 

あと素敵な恋人もできました。

とても前向きなひとです。

 

恥ずかしいことに、この年になって、

誰かと信頼関係を築いていくとはどういうことなのかわかってきたし、

思ったことを真正面から伝えられるようになりました。

恋人にネガティブな感情を伝えるのは、

私にとっては暗闇の中でジャンプするようなものです。

でも長く付き合っていくには怖くても、

相手の胸に飛び込んでいくしかありませんね。

それを受け止めてくれるとわかってからは、

もう以前のような感覚はなく相手の顔をみてキャッチボールをしている感じです。

 

感情が高ぶっていてもできるだけ相手がキャッチできるように球を投げる。

難しくても相手はそれをなんとかキャッチしようとしてくれる。

そのうち手持ちの球(癖)をお互いが把握してきて、

イレギュラーな球でも対応できるようになります。

そんな風にして私はどんどん相手に安心感を抱くようになっているのです。

 

長らく私は「悩み続ける病」にかかっていました。

何でも深刻に考えるのです。

そしてすべてにおいてネガティブな結末を描いてしまい、

自らをその方向へ引き寄せてしまっていました。

私の好きな堀江貴文さんも著書の中で、

悩むことは結論が出来ない無駄な行為であると述べています。

全くその通りで、私は悩み続けることで、

人生を怖くて悲しいものだと思い込んでしまうだけでした。

人生が怖くて悲しいものだから悩んでしまうのではなく、

私が悩みすぎるためにそうした捉え方になってしまっていただけでした。

 

最近は悩みすぎてどろどろした感情に溺れてしまうことが格段に減りました。

マイナス思考を強制的に止めるには本を読む、勉強する、寝る、運動することで解消できます。

悩み始めると心が病んできて、すべての生産活動に支障をきたすのです。

まずは無理やりにでも行動を変えて、思考を変えるように努めてみてください。

だんだん心が軽くなっていきます。

身体と心はいつも連動していますので。

 

1年が驚くほどの速さで過ぎ去り、

 今日、明日、明後日と私たちは刻々と死に近づいていきます。

 26歳というこの年ももうすぐ終わってしまうし、

来年には27歳になるなんて信じられません。

悩んでいる暇なんて、ないんですよね。

結論を導き出すために考えても、

出口のない悩むという行為を今後も削っていきたいです。

 

何でもマイナスに捉えて楽しさを忘れ、

嫌なことをやり続けたり、

嫌いな人に意味もなく無理して付き合い続けて、

人生を無駄にしている間に死んでしまうわけにはいきません。

楽しいこと、好きなこと、わくわくすることに、

積極的に関わっていきたいです。

 

そういうわけでヘイリーというTwitterアカウントの事実上の放棄は、

時間泥棒との決別、しがらみからの解放によるストレス要因の除去が理由です。

やっていもあまりいいことがないなと思っていたので、やめました。

ただ、良いつながりもできたし、毎日の習慣になっていてなかなかやめられずにいたんです。

なので信頼できる人に管理してもらうことにしました。

その人もパスワードをてきとうに変更したし、

アドレスもその人のものに変えたので私ではもうアカウントを動かせません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

来年ももっと明るい年にしたいですね。

周囲の雑音に簡単に影響を受けてしまう私ですが、

さっそく来年の手帳を購入し、来年の目標を書き込みました。

 

占いを信じない方も多いでしょうが、

この占いなかなか面白いのでおすすめしておきます↓↓

voguegirl.jp

 

一人でも多くの人々が明るい気持ちで新年を迎えられますようお祈り申し上げます。

それではよいお年を。