tokiohayley's blog

We are all free. Where shall we go next?

ハワイ旅行記③まとめ

ハワイ旅行記① - tokiohayley's blog

ハワイ旅行記② - tokiohayley's blog

 

今までの記事はただの旅行記なので

これからハワイに旅行される方にはリンクも貼ってあるし、

役に立つかもしれない程度の内容でしたけど、

今回は一応まとめなのでこっちのほうが読みやすいかもしれないです。

 

というわけでハワイを旅行して良かったこと、

思ったことなどをまとめておこうと思います。

 

●とにかく日本人が多い

日本人だらけです。どこへ行っても必ずいます。

アメリカというよりほとんど日本です。

日本より多少英語を使うくらいです。

海外に抵抗がある方にはいいかもしれないですね。

みんなカタコトの日本語話すし、フレンドリーだし、

受け入れられていると感じられると思います。

ツアーを選べば日本人があまり参加していないものも選べますよ。

 

 

wifi

これハワイに限ったことじゃないですけど、wifiあると便利ですね。

今まで私の海外旅行って冒険的要素が強くて、

地図もwifiもガイドブックも持って行かないといういい加減な旅ばかりでした。

あちこちで地図を広げている旅行者を見かけたんですが、

wifiがあるとGoogle Mapで現在地と行先検索するだけで、

オアフ島中を走っているバスの番号まで出てくる。

これはかなり便利でした。乗り換える場所まで出てくる。

施設やホテルはwifi飛んでますけど、それでもあると便利。

レンタカーを借りるという方にもおすすめですね。

 

 

●本土と全然違う 

アメリカ本土と言ってもほとんど南部か、

シアトルかNYCくらいしか行ったことがないので何とも言えないですけどね。

日系人も多いし、日系以外にも中華・韓国のハーフ、

先住民族、白人もいますし、

アフリカンアメリカンもちらほらいます。

いろんな人種が入混じっていて、肌の色関係なくコミュニティを形成しているような雰囲気がありましたね。

(南部が閉鎖的だから肌の色でくっきり分かれちゃってただけかもしれないですけどね)

それからやっぱりみんなのんびりしている感じです。

明るいし。南国だからでしょうね。

あとはやっぱりなんといっても、

あんなに日本人の受け入れ態勢ばっちりの土地もハワイくらいじゃないでしょうか。

 

 

●違和感 

観光業で成り立っている土地だし、

一番のお客さんが日本人なので添乗員も店員も日本語を話します。

私はアメリカ人に媚びられてる感じがして気持ち悪かったですね。

入国審査の時点で日本語で指示されるのは屈辱的です。

行く先々で英語を褒めれましたけど、

それって「日本人にしては英語ができる」という文脈で褒められているわけだし、

こういうのは慣れているつもりなんですけど、

ほぼ100%毎回言われるのにはホントうんざりします。

自慢でもなんでもなくて本当に嫌です。

(語学レベルの話からいっても褒められているうちはダメです。)

海外旅行したり海外のお友達がいる方ならわかると思いますけど、

英語圏でなくとも簡単な会話なら英語でできる人はたくさんいますので、

中でも日本人は高等教育を受けているにも関わらず、

とびぬけてできないという認識をされていることが多いように感じます。

 

今回は、対等な立場で受け入れられている感じじゃないから気持ち悪かったのかな。

インドを旅行して「日本人はみんなイイ人、イギリス人はケチ」と言われたことを思い出します。

日本人は英語が出来ないので値段交渉すらしないし、

つまり良いカモってことです。

 

すべてがアメリカによって商業化された島という感じで、

そこらじゅうで聞くAlohaもMahaloもビジネスのために利用された言葉に思えて、

最後のほうは作り物感がすごくて違和感を抱かずにはいられなかったです。

 

アオフ島の中腹部のほうをバスで通りましたけど、

浅黒い肌をした先住民族家系の人はお世辞にも裕福とは言えない傾向がありそうですね。

いい学校に行くのは白人と東アジア系アメリカ人って感じで。

いや、これほんとに感覚ベースなのでなんとも言えないですけど、

次に行くとしたら違う島にも行ってみたいのと、

先住民族の文化的な場所や歴史を学んでから行きたいです。

(今回は初海外の彼のためにここを選んだし、

二人だったのでこういうこというと白けちゃいそうなので、

彼の前では何も言ってないですけど。)

  

もちろん楽しかったですよ。

割り切っちゃえばバケーションにはいいですね。

まぁ彼も似たようなことは感じ居ていたと思う。

次はホームではなくアウェイに行きたいと言っていたので。

 

 

●物価

高いです。でもアメリカだし本土とあんまり変わらないかな。

まあ、観光地だし。全部で30万円くらいで済みました。

お土産も買う場所によっては安く済むかな。

 

 

●お金

現地で飛び込みで申し込んだら現金払いしかできないという情報でネットで拾ったんですけど、別にそんなことなかったですね。

サーフィンレッスンだってスマホのような端末でカード決済しましたよ。

$100しか持って行かずにあとはカード切ってました。

冷静に考えて本土からもたくさん観光客が来るし、

カード社会なのにカード使えないわけないですよね。

 

●旅費総額

2人合わせて70万円。

自宅と成田空港の往復運賃から何から全て含めてこのくらいでした。

 

●生理

初日から生理が来ちゃったんですよね。

そんな人もいるかと思うので書いておきます。

タンポン使えば普通に泳げるので大丈夫です。

タンポンはあっちの使ったことないですけど、

ナプキンは多少サイズが大きいくらいで普通に使えます。

 

 

●1月のハワイ

別に寒くもなんともない。

今年の冬は暖かかったからかな。

朝晩は冷えるので上着一枚あればいいくらいで、

朝から日没くらいまで海入れますw

 

 

●レインボーカラー

ハワイにおいてレインボーカラーはただの虹を意味している場合が多いようで、いろいろなところに虹のマークがありましたし、レインボーカラーが使われていました。

LGBTという意味には捉えられなさそう。

 

 

●野菜が美味しい

アメリカの野菜って渇いていてアクがつよくて美味しくないイメージがあるんですけど、ハワイは美味しかったように思います。

North Shoreでとれたミニアスパラとか美味しかったです。

 

 

真珠湾/アリゾナ記念館

これは行った方がいいですね。 

アメリカ側から見る太平洋戦争の資料に触れる機会はなかなかないので。

午前中で映像のチケット(無料)がなくなることもあるようなので、

午前中に行った方が良いみたいです。

まあ11:30に行って13:00の回に入れましたけどねw

 

--------------------------------------------------------------------------------

以上、ざっくりですけど感想でした。