tokiohayley's blog

We are all free. Where shall we go next?

2017.01.24 英語のできない上司と情けない私

疲れたときこそいつも通りの態度を心がけるべきですけど、わかりやすく言動に出てしまうところが私の悪いところです。

 

関係部署の担当者が真剣な依頼があってわざわざ足を運んで来た。上司が呑気にハローハローと挨拶する。カウンターパートは私のただならぬ雰囲気を感じ取って「少し待って」と何やら電話の向こうで確認をしているのに。

国際事業部にいるのにも関わらず上司が相手の「少し待って」も聞き取れないくらい英語ができないことに苛立つし、「少し待って」と言っていますと挨拶を遮ると関係部署の担当者がクスっと笑う。上司の自尊心が傷つく音がする。

 

私は自分の案件の確認や交渉のため会議に出席しているけれど、上司の分も対応する必要がある。勉強にはなるけれど、自動翻訳機のように私を扱うものだからさすがに態度に出てしまうこともある。相手の発言が聞き取れないので当然私が相手に話したことも聞きとれない。不安と苛立ちを表しながら、すでに発言したことをまた発言するように依頼してくる。私も話しているのに、打ち合わせ中に全て通訳などしていられない。それでもできるだけ話すようにしているけれど、さすがにくたくたである。

 

こんなことではテレカンがあるたびに私たちはギクシャクしてしまってよくない。そんなわけで今日の上司は、とても素っ気なかった。当然だ。直属の上司ではないけれど、私の態度は確かにまずかった。大人気なかったと思う。

 

後輩も慣れない業務で不安そうである。素直に不安だと漏らせる環境がある。私が本社に移ってすぐのころはほぼ1人でいること多く悪く言えば放ったらかしだったし、誰にも相談できなかった。同じような思いをさせたくないが、私だって完璧でないことは伝えたがやや愚痴っぽくなってしまった。

 

教えることが勉強になるのだし、育成担当としてとにかく完遂したいと思う。そしてできればもっと精神の揺らぎなく淡々とこなしたい。

 

今日は勉強しないで寝たい…