tokiohayley's blog

We are all free.Then, where shall we go next?

2017.06.25 毎月テーマを決める

3月末から本格始動した転職活動がやっとひと段落しました。

いまの会社でもうちょっと頑張ってみようと、気持ちが固まりました。

 

ある企業では最終面接まで行ったんですけど、社長に「君、もうちょっといまの会社にいたほうがいいんじゃない?なんでウチに来たいのか全然わからないんだけど(笑)」といわれてしまい、私も「たしかに」って思っちゃったんですよね。転職活動のいろいろについては気が向いたらNote(https://note.mu/tokiohayley)で書こうと思います。

 

 

今後の社内でのポジションについて、近頃上司と面談する機会があり、そこで良いアドバイスをいただきました。

 

「月単位でいいから、テーマを決めて学び続けるといいよ。」

 

毎年設定しても気が変わって続かない「年の抱負」も、月初めにそのときの気分で設定するのはアリかもと思いました。学習テーマではないにせよ、その月に「集中しなきゃいけないこと」、ということだったら、おそらく意識しなくてもやっていたような気もするので、まずは今年に入ってからの月ごとのテーマを振り返ってみます。

 

1月 ITベンダー資格取得

2月 パーソナルジムに入会・糖質制限ダイエット

3月 キャリアの棚卸 

4月 転職活動

5月 転職活動

6月 転職活動

 

うーん。やっぱり近頃はマンネリ化してますね。そういえば上記には書いていませんけど、転職活動を始めてから細々と取り組んでいることがあります。毎朝日経新聞を読むという習慣です。これは年間を通じて続けたいことですね。

 

3月末に某社に呼ばれ説明会のあと、面接という流れだったのですが、その説明会の中で「みなさん、今朝の日経新聞、読みました?」とか「ITProでも批判記事が載っちゃいましたけど…」というなんてことのないくだりにドキッとしまして。

 

いまの職場って、業界の最前線ではないというか、ポジション的にも意識的にアンテナを高く張っておかないと時代の流れからどんどん外れていっちゃう。温室なんですよ。弊社の人間、というか、エンジニアは特に、経済なんて全然興味ない。経済どころか、専門のトレンドは知っていても業界全体の動向には全然興味がなさそうで。大学を卒業し、最初に入社した会社が証券会社だった私にとっては結構衝撃でした。

 

金融商品を売るには国内外の様々な出来事に興味を持ち、いま世の中で何が起こっているのか、浅くてもいいから情報を一通り舐めておかないとお客さんに「お前、そんなことも知らないのか」って言われちゃう。営業トークにも使えたりするし、情報がお金になるというのがわかりやすく体験できる職業でした。

 

「このままだと浦島太郎になっちゃう…」と思っていた矢先だったので、まずは情報収集から始めようと。社会復帰というか、リハビリのような感覚ですね。Twitterにはビジネスの最前線でお仕事されている方がたくさんいらっしゃって、「日経新聞?そんなの情弱が読むものでしょw」と鼻で笑われるんですけど(笑)、社会に出て最初に教わったことが「日経新聞の読み方」だった私にとって日経新聞に目を通すことは、初心にかえる手っ取り早い手段だったんです。

 

日経電子版をDLして定期購読し、最近は、NewsPicsというメディアの購読も始めました。ときどき読んでいましたが有料コンテンツがどうしても読みたくなって。

newspicks.com

 

あとは、いまさらながらKindleを導入したりして、IT環境を快適にしていってます。情報収集は義務というより、ほとんど趣味ですね。いままで趣味にお金を使うってことをしてこなかったんですけど、お金を使うって、やっぱり楽しいですね。情報収集したって、いまの仕事では全然使わないし、話の引き出しが増えるくらいで本当にただの趣味です。転職活動のときに役に立つことがあるかも?っていうくらい。どんな形でアウトプットできるかわからないけど、そのうちインプットするだけじゃ気が済まなくなっていくんだろうな。

 

話は戻りますが、これからは意識的に取り組むために月のテーマを設定して、実践していこうと思います。そしてそれらを記録して、経過をみるためにブログを利用しようってわけです。

 

…6月はあともう一週で終わっちゃうんですね、早いなぁ。今週はとりあえずデータベースとSQL言語の基礎講座を終えることを目標にしますw 一週間で終わるかしら。7月のテーマは来週末に設定します。それではまた、明日から適当に頑張ろう〜。