tokiohayley's blog

We are all free. Where shall we go next?

台湾旅行記 -1日目&2日目-

2017.09.14~09.17 台湾旅行に行ってきました。海外旅行初心者でも気軽に行けて、さらに国内旅行よりも安く済んだので結構オススメです。記憶が新しいうちに記録していこうと思います!

 

 ---

<1日目> ★木曜日

成田空港から桃園空港までバニラエアで約4時間。到着したのは現地時間23時半くらい。

 

空港⇔台北市内を行き来するバスは24時間運行しており、10-15分間隔で出発するので特に事前予約は必要ないです。電車で市内に出る方法もありますが、深夜も走っているのかどうかは不明。Googleで探してみてくださいw

 

入国ゲートを出たあと下の階に下がるとバスターミナルがあり、そこの窓口で「Taipei Main Station(台北車站)」行きのチケットを購入。

 

國光客運(国光客運)リムジンバスチケット▼

f:id:tokiohayley:20170918152752j:plain

深夜にもかかわらずたくさんの乗客がいました。そして治安が良いのか女性の一人客もちらほら見かけました。まるで首都高を走っているような景色を眺めながら30分-40分ほどバスに揺られて台北車站に到着。そこからタクシーでホテルへ。

 

今回利用したのはここ▼

公式HP: 谷墨商旅│師大住宿飯店、商務旅館推薦

トリップアドバイザー: 谷墨商旅(師大館) (Good More Hotel - Shida) -台北-【 2017年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

 

f:id:tokiohayley:20170918152834j:plain

f:id:tokiohayley:20170918152843j:plain

f:id:tokiohayley:20170918152856j:plain

アメニティが充実し、清潔で、シンプル。水圧はしっかりあるし、もちろんお湯も出る。ホテルスタッフも感じが良いし、まるで日本のよう。朝ごはんはビュッフェ形式で魯肉飯(ルーローハン)も食べれますw

 

ここのホテルのいいところはほかにも、何より立地が良い。利便性の高いホテル。

隣は24時間のスーパー、その隣は交番。最寄りの東門駅(Dongmen Station)までは徒歩15分くらいで、その道のりは永康街といって東京でいうところの代官山や目黒のような趣のある街です。

 

お洒落カフェや雑貨屋さん、足つぼマッサージ、有名かき氷点やスムージーのお店、

昔ながらのホットスナックの路面店など新旧の文化が入り混じったお洒落タウンです。

 

到着が遅かったためその日はひとまず就寝。

 

 ---

<2日目> ★金曜日

この日は九份へ。11時頃起きてお昼頃に出発。東門駅まで向かう途中で買い食い。

taiwan55.com

 

買ったのはオリジナルですが、めちゃくちゃ美味しいです。ソースなしでもイケます。

 

東門駅に到着し、赤のメトロ(MRT)で台北駅へ。九份の最寄り駅は瑞芳(ruì fāng)駅なので、そこを目指して電車に乗ったのはいいものの基隆(Keelung)駅まで行ってしまいました。近くにいたお兄さんに聞いてみたところ八堵(Badu)駅で乗り換えが必要だったようですね。

 

f:id:tokiohayley:20170919180504j:plain

 

ちょっと間違えたくらいで大したことなかったです。基隆駅から八堵駅までは10分くらいだし、八堵駅から瑞芳駅までは20分もしなかったと思います。台北駅から八堵駅まですんなり良ければ1時間ほどじゃないですかね。万が一間違えても近くにいる人に聞けば丁寧に教えてくれますし、台北駅には日本語を話せる一般のおじさんが切符の買い方を教えてくれました。w

 

英語よりも日本語のほうが伝わるというのは本当ですが、若い人と話すときは英語のほうがいいかもしれないですね。ただし、駅名だけは現地の読み方で伝えるとスムーズかと思います。

 

瑞芳駅から九份までは駅前からバスが出ていますが、面倒なのでタクシーで向かいました。20分?くらいで400-450元。

 

日が暮れるまで坂を上ってあたりを散策。「忘情小築茶坊」でのんびり足休め。

tabelog.com

 

そこからの眺めが最高でした。風が気持ちよく吹き抜け、汗ばんだ肌を撫でて涼しい。

ジャスミン茶を飲みながらのんびり。天気が良かったので素晴らしい景色でした。

 

f:id:tokiohayley:20170918153330j:plain

 

九份はもともと炭鉱で栄えた街ですので、ウォールアートでは炭鉱夫が描かれていたりします。

instagramで動画も載せているのでぜひご覧ください▼

 

www.instagram.com

 

日が暮れるころ千と千尋の神隠しスポットへ。(実際は似ているだけでモデルになったわけではないようです。)

 

大混雑▼

f:id:tokiohayley:20170918153307j:plain

 

人が多すぎて動けない。中華系、韓国、日本の観光客が多かったです。まるで東京の満員電車のような有様…。喧嘩が起きないのが不思議なくらいでした。

 

早めに退散したので20時前の電車に乗ったと思います。九份着の電車にはたくさんの人が乗っていたので、やはり夜に来る人が多いのでしょうね。私たちはちょうど入れ違いだったので行きも帰りも座れました。

 

瑞芳駅から士林駅へ向かいました。▼

 

f:id:tokiohayley:20170919183427p:plain

 

中央に台北駅があり、そこから赤い線を北に6つ進んだ駅です。

 

それにしても台湾のメトロってめちゃくちゃわかりやすいですね。シンプルさでいったら名古屋っぽい感じで、乗り換えも簡単。

 

士林(Shìlín)駅から徒歩10分。台北最大の夜市、「市林夜市」に行ってきました。

※市林夜市の最寄りは士林駅より一つ手前の劍潭駅(Jiantan Station)だったようです。

 

日本のお祭りのような賑わいでした。土日に行くと大変混雑してスリも多発するようなので、金曜日に行って正解だったかも。

  

f:id:tokiohayley:20170919191506j:plain

 

地上と地下で分かれていて、地下は食堂がたくさんあって、座ってゆっくり食べるにはいいかもしれません。

 

f:id:tokiohayley:20170918153351j:plain

 

そこでずっと食べたかった巨大から揚げを発見w その名も大鶏排(ダージーパイ)。デカいw 注文したのはBBQ味。お肉に下味がしっかり染み込んでいて、めちゃくちゃ美味しかったです…!

 

f:id:tokiohayley:20170918153422j:plain

 

そして大好きな空心菜もオーダー。ニンニクたっぷり、しかし薄味でゆでているのでさっぱり。

 

f:id:tokiohayley:20170918153415j:plain

 

お腹いっぱいになるともったいないので彼と半分こして食べました。他にもいろいろ食べ歩きしましたが、オススメなのは胡椒餅ですかね~。

 

f:id:tokiohayley:20170918153520j:plain

 

長蛇の列ができるほどの人気店なので、ふらふら歩いていればすぐに見つけられると思います。

 

f:id:tokiohayley:20170919190037j:plain

 

外の皮はパリパリ、中はモチモチの生地で、肉汁たっぷりジューシーな味わい。窯で焼いているためアツアツです。

 

f:id:tokiohayley:20170918153625j:plain

 

個人的にはお店のお母さんが作っているところが、芸術的な手際の良さだったのでそれを見ているだけでも結構楽しかったです。動画をinstagramにuploadしたのでご覧あれ。

 

www.instagram.com

 

夜市は歩いているだけでも楽しいです。食べ物のにおいで充満している通りなのに

洋服屋さんも軒を連ねていたのにも驚いたし、臭豆腐は笑っちゃうほど臭いしw

2日目の夜はこうして更けていきました。

 

---

 

最後に一つだけお伝えしたいのは、お土産は九份または夜市で買っておくと良いです。

空港で販売している商品の4分の1の値段で売っています。

台湾定番土産であるパイナップルケーキは、夜市でひと箱10個入りx5箱で300元で買えました。からすみは九份で見かけたのですが観光地だから高いと思って彼が買わずに後悔していましたよ。

 

夜市は23時ころまでにぎわっているようですが、2時間ぶっ続けで歩き回りぎりぎりまで夜市を堪能しました。