tokiohayley's blog

We are all free. Where shall we go next? あなたを自由にするブログ

2017.10.30 「大腸内視鏡検査」体験記

 本日は有休を取って人生で初めての内視鏡検査を受けてきました。内視鏡といっても胃カメラではなく肛門から挿入する大腸検査です。健康診断で再検査になったわけではなく、2年前にO-159という毒性の強い食中毒に罹ってからというものの定期的にお腹を壊すようになりました。

 

腸炎ビブリオで再び食中毒にかかったり、なんてことのない食事で内部から突き刺すような痛みに襲われて数日に渡ってお腹を下し続け会社を休んだこともありますし、冬になると2年連続で腸管感染症に罹っていました。また、もともと慢性的な便秘症で、子供の頃から一週間以上排便がないため発熱するほどでした。身内は消化器官系の病気で亡くなっている人が多いので、いつかちゃんと調べたいと思っていました。

 

先月またひどくお腹を下したのでついに検査することを決めました。あまり慣れていないお医者さんだと痛みを伴うということらしいので、東京都内で内視鏡の名医を探そうとgoogleで検索しました。そして今回お世話になったのは茅場町胃腸クリニックさん。茅場町といえばストレス過多の証券マン御用達っぽくて納得感ある!wと思ってさっそく電話。

 

f:id:tokiohayley:20171030172630j:image

 

f:id:tokiohayley:20171030154226j:image

 

www.kayaba-icho.jp

以下、簡単に内視鏡検査までの流れを説明します。

 

<初診と予約>

・まずは電話。一連の流れを説明してくれます。忙しいのか電話対応はややキツいです。ww

・健康診断で再検査になったわけでもない私は平日の診察時間に医師の診察を受け、保険治療になるのか、自費検査になるのか決まりました。

・血便はないものの、症状は出ていたため保険治療で早めに(診察から1か月後に)検査できることになりました。予約の埋まり具合や症状によっては数か月先になることもあるようです。

・初回の診察では採血と症状の確認、予約のみで終了。電話がキツかったので心配でしたがみなさんテキパキとお仕事されているだけでなく、先生やナースの方は優しくてとても感じが良かったです。

・ここで誓約書を渡され、検査までのガイドラインが記載されています。下剤も処方されます。

 

<検査前>

・5日前から酸化マグネシウムの錠剤を飲み始める。腸に水分を集めて自然排便を行う薬です。

・検査2,3日前から消化の良いものを食べることをお勧めします。逆に何も食べないと蠕動運動(腸の動き)が悪くなるので3食きちんと食べますが肉・魚・炭水化物はOK。

・前日は特に野菜やキノコなど食物繊維が含まれるものは特に避けないと消化に時間がかかり腸に残ってしまうため食べてはいけません。

・前日の過ごし方のポイントつとしては食べ過ぎないこと、スポーツドリンクを大量に飲んで過ごすこと。当日がとても楽になります。

・就寝前にピンクの錠剤(下剤)を飲みます。

 

<検査当日>

・朝8時集合

・モビプレップという腸管洗浄剤を1L~1.2L時間をかけて飲む。ポカリスウェットのようなまったりした透明の飲料で、味わって飲まないほうがいいですw

・脱水症状を防ぐため白湯もコップ2~3杯飲む

・腸の中が空っぽになった人から順番に検査開始

・通常4時間~6時間は要する

・便が黄色がかった透明な水様便になったことを看護婦さんに確認してもらう

・看護婦さんからOKが出たら血圧を測って、脱水症状を防ぐための薬を点滴で投与

・検査台に横になって点滴から麻酔を投与し、検査開始

・目が覚めたらすべて終わっていたのでまったく痛みどころか記憶がないw

・着替えたら結果報告書、総合検査報告書、大腸の写真と共に医師からの説明

 

 f:id:tokiohayley:20171030153458j:image

 

<結果>

全く問題なし!!やったー!!!!

よかった~~~(´;_;`)

いろいろと不安だったのですが何事もなく終わりました。病質を見つければ生体検査といって腸壁から細胞を取って検査したり、ポリープがあればその場で摘出する予定でしたが7,080円で済みました。

 

<備考>

・予約:とにかく何か月も先までギッシリ。検査を希望の人は早めに予約することをお勧めします。

・持ち物:診察券、保険証、予約票&誓約書(初診で渡される書類)

・服装:なんでも。私はニットとジーンズで行きました。

・検査の痛み:なし。ただし何度もトイレに行くのでお尻はゴシゴシ拭いちゃダメ!ウォシュレットですすいで、トイレットペーパーでポンポンと軽くふき取る感じじゃないと肛門が死ぬほど痛くなります。

・待ち時間の過ごし方:排便に集中するので暇なんてないw

・その他:当日、下剤のせいでお腹が緩くなりすぎても検査中に内視鏡が水分を吸ってくれるそうです。

・ほかの患者:40代~70代の男性が6人くらい。一人だけ40-50代の女性がいました。

・検査後の食事:手術があれば食事制限あり。消化のいい物だけ。ポリープのサイズによっては傷口をふさぐため一週間は仕事は休まないといけません。問題がなければ通常通りの食事に戻って大丈夫です。

・夜になってもまだお腹を下している。午前休だけとって検査に来る人も多いようですが、消耗するし、トイレの回数は明らかに多いままなので一日休すむことをお勧めします。

 

 

とにかく何もなくてよかったです。

肝心の健康診断では貧血の再検査と、乳がん検査では要精密検査になってしまったのでまた体験記としてまとめる予定です。病気が怖くなるお年頃になっちゃったよ~w

 

他に質問がある方はコメントください。それでは!