tokiohayley's blog

We are all free. Where shall we go next?

2017.12.31 大晦日 2017

 

 28年間生きてきて、生まれて初めて家族以外の人と大晦日を過ごしています。昼間から彼とお風呂に入ってから、午後はほとんどずっと二人でゲームをしていました。ツイッターのタイムラインは紅白の話題ばかりで、今年の紅白は華やかで、私も観ていますが、まるで民放のような様相を呈しています。皆テレビを観てああでもない、こうでもないと賑やかで楽しい年末です。一日のほとんどを家の中でぬくぬくと過ごすものですから、体が火照って、外に出た際は爽やかな気持ちなります。年末独特の静けさを感じながら街を歩き、ずっと気になっていた本を買いました。ちょうど谷崎潤一郎の「痴人の愛」を読み終えたので、勢いでまた何か読みたいと思っていたところでした。

honto.jp

 13歳のときに両親が離婚し、途中母と住んでいたこともありましたが父と住んでからは必ず近所の氏神様のところへ挨拶に行くというのが習慣でした。何しろ、平均すると2,3年に一度は引っ越してきた人生ですし、色々あって(母に難癖をつけられるなどして)車を売ってしまってからは大晦日の深夜にいつも決まった神社にいくことはできないため、出来るだけそれらしい様式の初詣をと父が考え出したのかもしれません。それから父はよく私が根無し草にならないかを心配していて、ルーツは大事であるとか、習慣や伝統を守るだとか時々口にしていたので、もしかしたら離れていてもできる我が家の伝統的な何かを構築する目的もあったように思います。この記事を書き終えたら、彼と一緒に近所の神社へ行って初詣を済ませてくる予定です。

 

 参考のため2016年の年末には何を書いていたのか確認してみました▼

tokiohayley.hatenablog.com

 

以下、抜粋▼

""今年は仕事と恋愛が充実し、転機となった2015年が物語が始まる第1章だったとしたら、2016年は第2章で、さらにその先の展開のための土台が出来上がったような一年でした。""

 

 同じような要領でまとめてみますと、2017年は第3章の始まり、まさに新しい展開がありました。業界研究もかねてキャリアの再思考のため本格的に転職活動を行い、その結果、いまの会社に留まることに決め社内の中で職種転換をしました。いままで取り組んできたことを投げ出さず、積み重ねられているのだという確信を持つことが出来ました。そして2018年は海外移住を目指して、引き続き目の前のタスクを丁寧にこなしていこうと思います。恋愛面だけでなく全体的にパッと明るく、道が定まり迷いが晴れた一年でした。

 

以下、サマリーです。▼

 ※その他、近しい人の結婚式に2回招待されるなどもしました。

 

 ちなみに抱負は書きません。宣言して達成できたことがないからです。来年も心気ままに生きていきます。今年も大変お世話になりました。もっといろいろ書きたかったのですが、あまり長くなってはいけないし、そろそろ出かけないといけません。来年も気が向いたら更新していきますので、よろしくお願い致します。最後まで読んでくださってありがとうございます。皆さま、良いお年をお迎えください。

 

ヘイリー