tokiohayley's blog

We are all free. Where shall we go next? あなたを自由にするブログ

2018.09.09 社会人生活のこれまで⑬ ー青天の霹靂ー

前回の記事を更新して1か月も経たないうちに驚きの展開がありました。
tokiohayley.hatenablog.com

昨年末からエンジニア寄りのPMとしてキャリアを積み始めたところなのですが、なんと似たような仕事内容で競合他社からオファーをいただけることになりました。あまりローカライズが進んでいないタイプの外資系企業で直属の上司はアメリカ人になります。海外移住も視野に入れているし、給与が安いのでいつか転職したいと考えていたのですがまさかこんなに早く決まるとは…。ことの発端は夫のLinkedIn宛にHRから連絡が来て、代わりに私を紹介してくれたのが始まり。志望動機は「給料上げたいから」としか伝えていないんですが、3回の面接をパスしてしまいました。びっくり。

肝心のオファーレター(条件明示書)は本国の承認待ちであと一週間くらいでいただけるようで、同時にバックグラウンドチェック(身上調査)のプロセスも走っています。チェックを通って、提示内容を承諾すれば正式に入社が決まります。懸念点といえば退職交渉なんですが…タイミングがタイミングなので円満退職は難しいと思います。前回の記事には詳細を書きましたが、9月1日付けで有期契約社員から無期契約社員(事実上の正社員らしい…)になったんですね。ここまで来るのに上司との面談は計6回、人事や役員との面接4回、SPI、筆記試験がありました。上司も内部で動いてくれて、推薦状も出してくれました。先週、雇用明示書を渡されて「文句ないならハンコ押して提出してねw」と半ば冗談で言われたんですが、まさか突き返されると思っていないでしょうね。

 

でもまぁ、提示された雇用条件がひどい。新卒と親会社からの出向者以外は正社員になれないし、あとはもちろん給料部分。その分、のんびりした社風でよほどのことがない限りクビにはなりませんし、産休育休も取れるし、残業代もきちんと出るし、住宅補助も3万円ほど出ます。が、しかし、「それにしても給料安すぎでしょ、しかも全然昇給しないじゃん!」となって若手がどんどん辞めていく弊社。転職する場合は通常前職の基本給が基準になって年収が決まるので、転職を前提にしている私からするといつまでも安いままだと都合が悪い。ここで、スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと』(原題:Spanglish)という映画にあった印象的なワンシーンを紹介させてください。裕福な白人女性がメキシコ人女性を家政婦として雇う際に給料の話になり、「あなたはいくらがいいの?安すぎるとあなたの価値を下げてしまうし、高すぎると払えないわ。」というセリフがありました。そう、要するに給料が安すぎるとナメられるんですよ。その年齢でその年収?大した仕事してなかったんでしょ?って判断されちゃうし、そこから上げていくのって滅茶苦茶難易度高いですよね。
 

まだ最終承認待ちなので正確な情報ではないのですが、ほぼ確実に年収アップしますし、産休育休あり、資格手当あり、年俸制なので残業代はないですがリモート勤務OK、有給も自由に取れます。全世界にブランチがあるのでオフィストランスファー制度もあったりします。その分しんどいこともあるだろうし、これからしばらく修行の日々でしょうけど、頑張りたい。そしてもちろん昇給もあります。それにしてもおそらく私が過去最安値くらいの価格な気がする…安い給料で働くの慣れちゃってるから希望額もほかの候補者より控えめだったんじゃないかなぁ。でも長らく目標だった年収をクリアし、外資でも働いてみたかったので、正直浮かれてます。年収を上げるために士業目指してキャリアチェンジを目論んでいたので、資格の勉強もおろそかになってます。まずい。

 

余談ですが、、、来年の挙式の準備とダイエットと節約(お弁当持参)を並行してやっているので勉強はおやすみで良いかなぁと言い訳して緊張感のない毎日を送っています。Orage is the new blackにハマって暇さえあればbinge-watchingな日々です。職場も立て続けに人が辞めてしまっているので引き継がれた案件が多くて忙しいです。今週末には海外の競合他社のマネージャーがわんさかやってきて公開討論の司会をやることになっていたりと何かと落ち着かない一週間になりそうです。

 

話を戻すと、今回はまさに青天の霹靂といった感じで、突然チャンスが降ってきたわけですけど、常にアンテナ張っていたのが功を奏したのかもしれないですね。昨年割と本気で転職活動していたときに市場がどんな人材を求めているか分かったので社内でポジションを変えさせてもらったし、外資系企業に足を運んで英語での面接を経験したので、英語で業務説明もできるし、英文履歴書(CV)を作ってあったので求められたらすぐに提出できる状態でした。和文職務経歴書・履歴書も常に最新です。ビズリーチとLinkedInも最新の状態にしています。LinkedInは海外移住を想定して夫にも作らせておきましたし、業界が近いので日ごろから開示している情報程度ですがコミュニケーションをとっているので今回の紹介に至るまでの流れもスムーズでした。結果的にチームワークで転職活動したような形になりました。夫婦共働きであるからこその展開ですね。

 

あぁ、、、やっとスタート地点に立った気分です。社会人7年目、転職すれば次で5社目。初めて同業界・同職種での転職になります。やりたい仕事が見つかったと言っていいかもしれない。いままで本当にしんどかった...頑張った...。でもこれからも、もっともっと前進していきたいです。